ミサのご案内

主 日(日曜日) 午前10時
月曜日 午前6時15分
火曜日 午前6時15分
水曜日 午前6時15分
金曜日 午後6時30分
土曜日 午前7時
英語ミサ(土曜日) 午後6時30分
初金曜日のミサ 午前10時

ミサの時間は変更する場合がありますので、お知らせページの今週のお知らせをご覧ください。

地図

札幌市中央区北4条西23丁目2-10

メール:こちらから送信して下さい

FAX:011-351-1984

TEL:011-631-4215

当教会はバリアフリーとなっており、 車椅子利用者の方でも、不自由なく移動できるようになっています。 身障者用のトイレもあり、 車椅子利用が可能なエレベーターもあります。 どうぞお気軽にお越しください。

※当教会の駐車場は狭く、混雑しますので、ミサに来られる場合は、公共交通機関のご利用をお願いいたします。 また、歩道や路肩への駐車は近隣への迷惑になりますので、お止めください。

※電話がつながりにくくなっていますので、大変申し訳ございませんが、できるかぎり メール又はFAXでご連絡くださいますよう、お願いいたします。

※ホームページの感想をお寄せください。専用のフォームを用意しました。こちらから

 

 

外部リンク

 カトリック中央協議会

 カトリック札幌司教区

 札幌カリタス

 東日本大震災
  札幌教区サポートセンター

 宮古ベースの活動状況

 

  カトリック・イエズス会
   片柳神父のブログ
   「道の途中で」

   ※音声で福音が聞けます

 

 カ障連札幌大会HP

 

メインイメージ

聖堂にかかげられた十字架像

主任司祭の挨拶

ケン・スレイマン神父

ケン・スレイマン神父

カトリック円山教会にようこそ! ケン・スレイマン神父です。
私は、アメリカのメリノール宣教会の宣教師であり司祭です。アメリカ人です。 私は約15年間日本に住んでいて、2014年4月21日にカトリック円山教会の主任司祭に着任しました。 円山教会は、北海道札幌市の山の近くにあるシンプルで美しい教会です。

私は生まれた時、いのちが危険な状態でした。 生まれてすぐに病院で洗礼を受けて、ずっとカトリック教徒として過ごしています。 私の洗礼名は「ジェラード」です。 聖ジェラードは、安全な出産、母親や妊婦の守護聖人で、私の母は私が無事に生きる事を彼に祈りました。 そして、私は今、司祭として人々に洗礼を授けています。楽しい人生です! 私は司祭である他、フルタイムで天使大学で働いています。 札幌の小さなカトリックの大学です。 キリスト教学概論と看護学を教えています。 私は、教会の司祭と大学講師の両方の仕事をして働きとても幸せです。 札幌の美しい円山教会を訪れることがあれば、お会いできるのを楽しみにしています。

カトリック教会の歴史は約5000年です。 なぜなら、私たちの信仰の背景はユダヤ教と関係があります。 ユダヤ人たちの宗教の特徴は一神教でした。 その通りに神様はすべての人間の父は、天のお父様だと信じています。 私たちと天使は、最も神様に似た生き物です。 人間みんな1つのファミリーです。 教会に集まった時に私たちは、我々のお父さんを賛美し必要な物があれば、お祈りを通して頼みます。
イエス様は神様の子と呼ばれています。 彼は天のお父様を人々に紹介するためにこの世にいらっしゃいました。 彼の行いと言葉と模範によって天のお父様の価値観がわかるようになりました。 ですから、カトリックの信仰はいっぱいの教理(ドグマ)を信じることではなく人を信じる源です。 その大切な人物はイエス様です。 彼はすべての人間の友達です。
カトリック教会の基礎は信仰(イエス様の)と理性です。 カトリックは歴史的な物語の真実の背景です。 聖書は最も大切な物語の源ですが、それを根拠とするための考古学や一般的な人間暦文書もあります。 でも、カトリック教会で、一番大切な根拠は信者達の忠実な模範です。 2000年の長いカトリック教会の歴史の中で素晴らしい人物が沢山いました。
信者になると目標は、天のお父様のような人間になることです。 天のお父様の一番大切な価値観は愛です。 カトリック教会の伝道によると各教会の建物はカトリック教会の歴史の中の聖人に感謝するために名づけられています。 カトリック円山教会は日本26聖人殉教者を守護の聖人としています。 彼らはまだ宗教の自由がない時に、自由意志として信仰を貫き、神様に感謝するために自分の命を捧げました。 カトリック教会にとって自由意志は一番大切な原則です。 信者達の課題は神様の意思にあわせることです。

どうぞ皆さん自分の人間性を高めるために、今よりもっと愛する人になるためにカトリック円山教会に来てください。 私たちは日曜日に教会に集まり、教会の礼拝と行事を通して愛の訓練をします。 私の希望は、カトリック教会の雰囲気はスイスと同じように差別はなく、すべての人間は平等に受け入れるということです。 私は皆さんを喜んで教会に招きますね。 神様の祝福が皆さんにありますように。 私とイエス様は皆さんのために待っていますよ。

カトリック円山教会主任司祭 ケン・スレイマン神父

ケン神父様のお説教

お知らせ

このページのTOPへ